解離と上手くつきあいたい

解離のパートナーと家族の私のこと

人生への愚痴

こんにちは、りんと申します。

だいぶ時間が経ってしまいましたが、相も変わらず平穏なんだか波乱なんだか分からない日常を送っています。

今回は私に焦点を当てていきたいと思います。

どうでもいい、世間話です。

というより、人生の愚痴です。

 

三・四ヶ月ほど前から全身の痛みがありまして、「リウマチ性多発筋痛症」と診断されて約一月程。

痛みはだいぶ和らいでおりますが、その代わり、本来の持病である「腰椎分離症」と「腰椎ヘルニア」の足腰の痛みが全力で主張してきてて勘弁してくれ状態です。

情けない話、四捨五入で四十年生きておいて、就労支援に通っている無職です。

 

前障害年金をもらっていると別のブログに書いたことがあり、その際ちらほら見られたのが、生活保護と誤認している人です。

「なんにもせず、国から金もらえていいよな」

そう思える人はなんて幸せなのでしょう。

私の等級ならば、月6万程度です。

どうやったら自活できますか?と言ったら、実家に居りゃいーじゃんと思える人は、帰れる実家があって羨ましい限りです。

そう言った声を受けてなお何も言えず(今書いてますけど)人としてのプライドを捨てて恩恵を受けております。

誰が好きで精神を病みますか?

誰が好きで国の金で生きていきたいと思うのですか?

帰りたい場所なんてない。

私の帰りたい場所は今やKの傍で十二分に潤ってます。

Kと出会い家族になるまで、私はずっと死にたかったんですから。

 

話は変わりますが、私が医師に言われて一番ほっとした言葉は、「あなたはお母さんに精神的な虐待を受けていたと他人に言ってもいいんですよ」です。

あぁ、この程度でも虐待という名をつけていいんだ、と。

許された瞬間でした。

今いわゆる毒親で苦しんでいる皆さんはきっとどこか理解してくださるのではないでしょうか。

 

ごめんなさい。

希死念慮垂れ流してすみません。

でも私は一生あの人を許すことは無いです。

 

こんな私を呪いの沼から救い出してくれたのはKです。

Kがいなかったら、私はいまだに死に場所を探してうろついている事でしょう。

だから私は最初の記事であれだけ必死だったのでしょう。

 

私たちはお互いには恋愛をしませんでした。

いきなり家族でした。

今私は初めて人に愛されて必要とされています。

この記事はすぐに消すかもしれません。支離滅裂なので。

ただ、それだけKは私にとって大きい特別な存在なのです。

甘え甘えられる唯一の人です。

 

初めて長く生きたいと思いました。

一瞬でも一秒でも、Kより長く生きることが私にできる恩返しです。

毎日母親の夢を見ても、隣の部屋には彼がいる。

これ以上の幸福はありません。

 

なんとなく思ったことを書き留めたい人間なので、思考整理かねて書いてみました。

そっと消すかも、しれませんが。

追加記事。とこれからのこと

ネットの皆様、こんにちは。
りんです。

まずはお礼申し上げます。
ネット上で心配してくださった友人や、拡散先から情報をくれた方、そして何より読んでくださった方々へ。
本当に有難うございました。

その後の話……というか、ちょくちょくこのブログを更新していこうかと思います。
あの後、少し距離を置くために、彼には実家に帰ってもらったり……と色々あったので。

まずは、いくつか疑問を持たせる書き方をしてしまったので、それらに答えたいかと思います。

*病院は?
彼は病院には二週に一度通っています。
(私も四週に一度別の病院に通っています)
しかし、解離の専門家ではありません。
一緒に行ったとき、その先生は「必要のない人格はいない」と言っていました。
たしかにそうですね。
彼の辛い時を支えてくれたのは、交代人格の彼らです。
他にも頭痛外来や、色々なところに通っています。

カサンドラ症候群になってない?
なってたかもしれません(笑)
一度ガス抜きをすることで、なんとなくここまではしてはいけない、というのを学びました。
なので、今の私は問題ないです。
ガス抜きに彼の実家のご両親もうちを使ってくれて構わないと言ってくださって、有難いです。


さて。
解離に詳しい先生にかかった方が……という意見も拝見しましたが、一人心当たりがあるにはあるのです。
私を解離性障害と診断したお医者さんが。
私の場合離人症でしたので、同一性障害とは違うのですが。
その先生の書かれた本を読みましたし、信頼もありましたが、私が最後に聞いたその先生の言葉は「社会不適合者」の烙印でした。
当時の私に対してのその言葉は「死ね」に近い言葉でした。
まぁ、そんな人ばかりでは無いとは思うのですが、一か八かで今合ってる先生を変えたくないというところもあります。

話がそれましたが、前回の記事から暫しの時間が過ぎまして。
前回の記事を書いた時の私は、それこそカサンドラ症候群だったのかもしれません。
結果、一度立てなくなり、急遽かかりつけの精神科医師に助けを求めてしまいましたし。

その時、一度離れて冷静になろうと決断しました。
一週間実家に帰ってもらうということで、私の精神はだいぶ落ち着きましたが、この決断も冷や冷やものでした。
問題は、いきなり目が覚めたら実家だったら、中の子たちはどう思うのかでした。
もう二度と心を開いてはくれないかもしれない、そういう心配も大きかったのです。
が、それをKに言ったところ「俺の中のやつらをなめんなよ、これでもずっと一緒に戦ってきたやつらだぞ(笑)」と言われました。
そして、日記に私は中の二人(リーダーと副委員長)宛てに、少し時間をください、そして決して拒絶ではないのだということをかきました。

すると帰省中のKから、写真が届きました。
それは、リーダーからの言葉でした。(以下許可を得て名前は伏せてここに記載します)

「ひとつ言いたいんだが、気張りすぎじゃね?
 特別なことなんて何もいらねーよ。
 副委員長とは語り合うなりして、
 子供はただ泣かせてやって、
 俺とはタバコ吸って(笑)
 そんなフツーのことでいいんじゃねーの?
 正直どうにかしようなんて思わないでほしいんだよな
 俺らには俺らの生き方があって、好きなようにやってんだからさ」

それを見た瞬間、ふっと肩の荷が下りた気がしました。
リーダーは乱雑で、やんちゃだと思っていたのですが、やはり皆のリーダーなのだなと思いました。
Kの言葉ではなく、リーダーからの言葉というのが、単純に嬉しかったのです。
あっちから見たら、いきなり訳の分からない女?と一緒に住むことなったのに。

見る人が見れば、拒絶されてると感じたり、見放していると思われるかもしれません。
だけど、接してきた私の感覚は、肩の力抜けっていうエールと取りました。
本当に、それがただ嬉しくて。

だから、これからもこのブログは続きます。
彼らとの日々を、綴っていきます。

といっても、まだまだ解離性障害の近くにいる人からの情報は募っています。
前記事に連絡先が載っていますので、宜しければお願いします。

それでは、また。

解離性同一性障害のパートナーについて救援求む

ネットの皆さん、はじめまして、こんにちは。
りんと申します。
私には今、パートナーシップを宣誓した人がおります。
そして、彼は「解離性同一性障害」です。
「多重人格」と言った方が分かりやすいでしょうか。
今回この手記を書いているのは、こういう病気が本当にあるんだという周知のためと、私に対応策を教えて頂きたいからです。
特に、当事者……というよりは当事者のごく近くにいる方に実体験談を頂きたいのです。

現状パートナーのKには、Kの他に主要人格がまず五人ほどいます。
そして、Kと私がいます。
一応人物紹介入ります。

*私
 Xジェンダー。普段は「俺」と言ってます。
 うつ病持ち。

*K(主人格)
 女性の体で生まれた男性。胸はオペ済。
 おとなしく、暗闇と怒る人に何より恐怖を抱く。

 ・リーダー(男性)
  基本的にリアリストで熱血タイプ。
  情報共有日記では、一番どかっとしてて、皆の事を考えていそう。

 ・副委員長(男性)
  人間観察が好き。誰に対しても敬語。
  繊細。ナイーブ。警戒心が強い。

 ・子供(不明)
  ひたすら泣いている子供の人格。
  ぬいぐるみが好きらしい。与えるとぎゅーってだきしめる。
  かわいいかよ。

 ・怒り(男性)
  今のところ遭遇なし。
  左利きらしい。コーラが好きのようだ。

 ・破壊衝動(女性)
  今のところ遭遇なし。
  「肉体を守るために壊す」人格。
  以前に右目を潰している。

副委員長曰く、他にも意識のかけらはたくさんいる(ある)らしい。
彼と話したとき、Kの心が砕けたとして、大きなかけらが主要人物で、小さなかけらが意識のかけらという解釈でいいとききました。

2・3日で、私は三人の人格が7・8回入れ替わって表れているのを見ています。
私にとって、Kは家族であり、他の子達とも友達であり、家族になりたいのです。

でも、私はその数日で疲れてしまいました。
Kが頭を下にしたり、寝たりする度に、だれが出てくるのか構えてしまうのです。
それは、「怒り」と「破壊」が出てきたら、という不安があります。
一度、目を少し離したときに、「子供」が泣いているのに気づいて、あっと思ってしまったということもあります。


ここまでざっくりと書いてしまいましたが、私の目的は、彼らと「共存」することです。
「統合」治療は以前やったらしいですが、Kは統合タイプではなく、共存タイプだそうです。

もしこの文章を見てくれた方がいるとして、心当たりがない方は拡散してくれるとありがたいです。
心当たりがある方は、もし話せるならば、話させて頂きたく思っています。


ツイッター(@misamerin)のDM、もしくはメールアドレス(rinrin20180☆yahoo.co.jp)(☆→@に変換)にご一報くださればと思います。
どうぞ、よろしくお願いします。